審査員紹介


審査員

プロフィギュアスケーター/元オリンピック日本代表
鈴木明子さん

愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、体調を崩してスケートを離れた時期もあったが、2004年に見事復帰。そして2010年バンクーバーオリンピックで8位に入賞し、多くの感動を生んだ。持ち前の表現力と世界観で2011年GPファイナル銀メダル、2012年世界選手権銅メダル、現役最後の2013年全日本選手権では悲願の優勝を果たし、ソチへの切符を手にする。ソチオリンピックでは2大会連続となる8位入賞。現在は、プロフィギュアスケーターとしてアイスショー出演を軸に、テレビ出演や全国各地での講演活動を精力的に行っている。また引退後2015年より念願の振付師としてのキャリアをスタートさせ、国内・海外にて後進の指導にあたっている。

著書
  • 「プロのフィギュア観戦術」(PHP新書)

  • 「等身大で生きる-スケートで学んだチャンスのつかみ方」(NHK出版)

  • 「壁はきっと超えられる~夢をかなえる晩成力」(プレジデント社)

  • 「ひとつひとつ。少しずつ。」(KADOKAWA) 他

  • 「等身大で生きる-スケートで学んだチャンスのつかみ方」(NHK出版)

審査員

フリーアナウンサー
平井理央さん
慶應義塾大学法学部卒業後、2005年フジテレビ入社。
「すぽると!」のキャスターを務め、オリンピックなど国際大会の現地中継等、スポーツ報道に携わる。
2013年より、フリーで活動中。
趣味はカメラとランニング。

審査員

イラストレーター
山口マサルさん
1942年東京生まれ。日本美術学校図案科卒業。
毎日商業デザイン賞特選、朝日広告賞部門賞、デザインフォーラム入賞、読売国際漫画大賞優秀賞3回、同金賞。
文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品「鳥居de200」。
2コマ漫画集「ハケに毛がありハゲに毛がなし」「エンゼルリング」。
ポスター、雑誌広告、書籍などのイラストや、TVコマーシャルのアニメーション、組木による立体イラストレーションでIBMの全15段全頁新聞広告連作、絵本「かたちのなかになにがある」(フレーベル館)、紙による立体作品など、幅広く手がける。アロハシャツのデザインや、キャラクター制作では、ユニーのおトクちゃん、明治製菓の「きのこの山」の動物達やカールパパ、くらしあんの動物達なども手がけた。

審査員

パラアスリート/株式会社オープンハウス社員
小須田潤太

1990年埼玉県所沢市出身。21歳のときに交通事故で右大腿部を切断。北京パラリンピックで銀メダルを獲得した山本篤氏から声をかけていただいたことをきっかけに24歳で陸上を始め、オープンハウスの社員として働きながら東京パラリンピックを目指す。天皇陛下御即位記念2019ジャパンパラ陸上競技大会100m2位(13.65秒/自己ベスト)、走り幅跳び2位(5.64m/自己ベスト)。更に、パラスノーボード選手としても活躍。2019年W杯で4位。強化指定選手に選ばれ、2022年北京冬季パラリンピック出場も目標としている。

成績
  • 2018シーズンランキング(世界)走り幅跳び 8位

  • 2019-20シーズン パラスノーボード強化指定選手(強化指定B)
  • 2018-19シーズン パラスノーボード強化指定選手(強化指定C)

  • 2018-19シーズンランキング(世界)クロス9位 / スラローム10位
  • 2019-20シーズン パラスノーボード強化指定選手(強化指定B)
フォトギャラリー